◆◇アーティストの横顔

大村夢 omura yume [pianist]

 

 

 

京都市立芸術大学音楽学部

ピアノ専攻 三回生

 

滋賀県出身。4歳よりピアノを始める。京都市立音楽高校卒業。第10回ショパン国際ピアノコンクールinAsia高校生部門アジア大会入選。第8回宝塚ベガ学生ピアノコンクール高校生部門第1位、それに伴い京都市教育委員会より表彰される。2010年ヤマハ・ヤングピアニストコンサート金賞受賞及びファイナル推薦演奏会に出演。2011年第13回日本演奏家コンクール全国大会入選。2012年オーディションを経て第40回かんでんふれあいコンサートに出演。これまでに松井和代、坂井千春、イリーナ・メジューエワの各氏に師事。

華やかなように見えて、実は日々の絶え間ない努力が必要不可欠な芸術の世界。
競争率も高いピアニスト。大村夢はどのようにピアノと向き合ってきたのだろうか。今回のインタビューでは、芸術家として舞台に立つ者の、裏側が見えてくるようなものになった。

____________

音楽が好きで、独学で練習して下宿にも電子ピアノを置くような城田だが、習ったことはないのでそのストイックさを知らずにいた。


☆城田___

京芸のピアノ科はどんなところですか?


★大村___

ピアノは個人でやる楽器だけれど、京芸に来るとアンサンブルもできるのがいいですね。とにかく少人数で仲がいい。


☆城田___

夢ちゃんは、アンサンブルとか、人と何かをするのが結構好きよね。
でも、ピアノを選んでずっと続けている。
やはり小さい頃からやっているんでしょうか?


★大村___

4、5歳で始める人が多いですね。母がピアノの先生をしているので、家にピアノはあったんです。やめときなさいよって言われたけれど、始めてしまいました(笑)

実際、好きかどうかはわからないんです。ずっとそれしかなくて、ずっと弾いてました。やめたいと思ったことも何度もあったけれど、何故か続いているんです。なんでやろ(笑)

練習が厳しかったのがとにかく辛かったかな。
おかげで色々な面でタフにはなれましたけど(笑)

 

舞台に立つのは好きなので、生まれ変わってもきっと舞台には出ていると思います。でも、ピアノではなくて、歌とかもっとダイレクトなもので表現したいとは思いますね。

劇団四季のオペラ座の怪人をみてミュージカルにはまりました。一番好きなのはアイーダ。歌を聴くと、やっぱり音楽が好きなんだと再確認します。
芸大に入ってミュージカル部に入ったのも、音の展覧会をやることにしたのも、人と何かをするのが好きだから。ミュージカル部は初めての集団生活ってかんじで楽しかったです(笑)なかなか稽古に出られなくてご迷惑をおかけしてしまったのは大変申し訳なかったのだけれど。大学に入る前も、文化祭の練習を皆がしてるのに、ピアノがあるから一人帰らないといけないことが多かったです。ピアノ科の人は、誰しもきっと、クラブ活動に入れなかったとか、小さい頃も遊ばずに練習しないといけなかったとかいうことが少なからずあると思う。能天気な人をみてなんとも言えない気持ちになることもあるよ♪(笑)


☆城田___
なかなか一筋縄ではいかない思いがあるのですね。芸術家はアスリートのように毎日練習しないといけないことが多いですよね。どの分野もそうだけれど、ピアノはやる人が他の楽器に比べて多い分、競争率が高くて人一倍練習しないといけないのでしょう。
気分転換とかはどうしているのですか?美術館とかにも行くのでしょうか。

★大村___
寝ます。違う世界へ行きます(笑)家に帰っても練習してるか寝てるか犬と遊んでるか…最近はひとりごはんにはまって、特に麺類が好きで、昨日も昼も夜もパスタでした(笑)自分で作ることもありますよ。最近料理がんばってます。
美術館はたまに行きますね。音楽会にも行きますが、普段はピアノは一切ききません。オペラは好きで行きます。ポップスも聴きますよ。最近は阿部真央が好き。はまるとひたすらきいてしまうタイプで、同じアルバムを一ヶ月間、通学の行き帰りずっときくこともあります。気に入ると打ち込むタイプですね。興味ないことは全然だめなんですけど(笑)

☆城田___
打ち込むタイプというのは、芸術家に向いているのかもしれませんね。ピアノは楽譜を覚えないといけないことが多いので、すごいなと思います。私は覚えるということがとても苦手なので…楽譜などを覚えるのに良い方法はありますか?

★大村__
着実に覚えていくことかな。計画的に物事を進める力はいるかもしれません。楽譜も日ごとにどの部分をやるか区切って決めて、ひいてひいて弾きまくって覚えます。今日はここをやって、前やったとこで忘れかけてるところももどってやって…たまに一夜漬けすることもありますけど。あら?(笑)小テストはいいけど、期末は無理、みたいなタイプなんです(笑)

☆城田___
本当に地道な努力の賜物なんですね。私もがんばらなきゃなあ。なんでそんなに打ち込めるんでしょうか。テンションが上がらなくても弾かなきゃいけないときってありますよね。

★大村___
舞台に出ると大抵他のことは忘れてしまうかも。緊張もするけれど、それを抑えるために、ある程度ナルシストになって脳みそをいい方向に持って行く技を身につけているかんじでしょうか。出ちゃえば弾くってかんじ。
それから、良くも悪くも人に頼まれるとそれ以上のことをしたいという気持ちが湧き出てきます。例えば、伴奏を頼まれて、あのひとピアノにめっちゃ厳しいよと聞いたら、絶対褒めてもらいたいと思って頑張りますね(笑)色々と考えてやりすぎて、お節介になりかけることもあるけど…そこは反省。
幼稚園や小学校に通っていた頃はずっと内気でした。人前に出るなんてとんでもない(笑)小学生の頃はほぼ遊ばずにピアノと勉強してたし。私の全盛期だったかも(笑)中高生のときも部活にも入らずにいました。でも大学に入って、受験だけを目標にしてたせいかピアノへの反発がすごい時期があって、一時期本当に弾かなくなったんです。初めての実技試験でものすごい点をとってしまいました。それで、さすがにこれはあかんと思って、次は絶対挽回してやると思って頑張りました。そしたらいい点がとれたんだけど、ある先生に、この前の試験では心配したけど、あなたちゃんと弾けるひとだったのね、って言われてしまいました(笑)

☆城田___
すごく負けず嫌いなんですね。目標にしてる人がいるとか?

★大村___
あんまりこの人っていう人はいないかな。自分に勝ちたいタイプかな…?でも、ピアノの友達で、理想としてる人はいますね。ライバルでもありますし、尊敬もしています。行動力と人当たりの良さ、何事も丁寧にこなすところがすごいと思っています。その人は自分を追いつめるきらいがあるから、私はその点、この程度にしとこうっていうのができるのがいい所かな。

☆城田___
高校の頃からの友達ですか。音楽高校出身でしたね。音楽高校ってどんなところかきいてみたいです。普通に運動会とかもあるんですか?

★大村___
音楽高校は音楽理論等の専門分野の授業が多いです。数学とかはあまり重要視されてないかな。運動会もありますよ。京芸の体育館でやりました。グラウンドではなく。しかも、競技内容はしっぽとり競争とかです(笑)
私、運動は苦手で…跳箱三段飛べるかな(笑)玉なしの自転車にも乗りたい(笑)バレエも習ったけど続かなくて…最近運動不足を解消したくて再開しましたが。他は続かないけれど、不思議とピアノは続くんです。
ピアノ、最近は縁あって小さい子に教えることもしています。小さい子とか赤ちゃんとか動物とか大好きですね。あと、教会で弾いたり!
いろんなところでアピールして、拾ってもらえたらいいなって(笑)

☆城田___
それだけやってたら何かに繋がるんじゃないかな。
最後に城田を紹介してもらえますか。紹介文は全部そのまま載せます。少しでも変えると自己紹介になってしまいそうなので(笑)

★大村___
・よく働く・異常なまでの行動力・熱い!!冷めない!!・好奇心が旺盛・自分のことより人のこと・きっと他人のせいでよく悩まされてる・実は繊細・責任感が強い・凝り性・時々もっと強く言えばいいのに!と思う・日本人。そして京都人(地元は名古屋)

☆城田___
異常なまでって…笑私は夢ちゃんの異常なまでの負けず嫌いがすごいと思いますよ。
夢ちゃん、ありがとうございました。
____________
五月の音の展覧会では伴奏もしてもらいますが、勿論ピアノがメインのものもあります。お客様に楽しんでいただくのは勿論のこと、奏者もその場を楽しめるような展覧会になったらと思っています。